睡眠不足が招く肥満

睡眠不足が続くと体調の不調をもたらしさまざまな健康リスクに見舞われます。そのうちの一つが肥満です。

ある研究では睡眠時間が5時間以内の方は7、8時間眠っている方に比べて肥満リスクが50%程度上がるとのことです。

67c35c027df16ffc05069f33ed5bd1d0_s

睡眠不足になるとホルモンのバランスがくずれ食欲を抑えるホルモンの働きが抑えられてしまうのです。徹夜での仕事の時、やたらお腹がすくことを実感されている方も多いのではないでしょうか。

ダイエットをされる方も多いと思いますが、意外なところに落とし穴があるものです。睡眠をしっかりとっていくことはダイエットにも効果的なのです。

なかなかダイエットがつづかない。どうしても反動で食べ過ぎてしまうという方はまず十分な睡眠時間を確保することから始めてください。

そのうえで食事のバランスを考えながら、同時に量を減らしていく。食事の質が上がっていけば睡眠の質が上がりますので、またダイエットをしやすい体の環境が整っていくという正の循環にすることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>