カテゴリー別アーカイブ: 不眠症について

ナルコレプシーとは

ナルコレプシーとは夜に寝ているにも関わらず昼間に強烈な眠気に襲われる症状を持つ病気です。昼間に重要な作業中であっても突然眠ってしまうことがあります。

79e5bc4a03f976ae3d2b97b1391f2801_s

ナルコレプシーに対する社会の認知は進んでおらず、単なる怠け者として片づけられてしまうケースも多いのです。また本人も病気であるとの自覚がない場合が多いのです。

多くの場合ナルコレプシーは思春期から症状が始まるといわれています。ナルコレプシーの原因はいまだ分かっていないのですが、患者の多くは脳脊髄液中のオレキシンというたんぱく質が少ないことが確認されています。

症状として昼間に感じる強烈な眠気、また突然の眠りに落ちるなどです。またカタプレキシーという強い感情の動きがきっかけで体中の力が抜けてしまう症状もあります。

もし思いあたるふしがありましたら、睡眠外来などの専門機関に診断を受けてみることをお勧めします。この病気を気付かずに放置してしまうと運転中の睡眠など命にかかわる場面も出てきてしまうので早めに診断・治療を受けることが重要です。

睡眠時無呼吸症候群について

夜はちゃんと眠っているのだけど、昼間にどうしても眠気が出てしまう。

c5a74d1b7f8b64f3853303fc402246cc_s

こんな症状の場合、睡眠時無呼吸症候群を疑ってみるといいかもしれません。睡眠時無呼吸症候群とは睡眠時に一時的に呼吸が止まる、または一回の呼吸量が減る状態が起こることです。

大きないびきをかく人に多いのですが、グーグーと音を立てていびきをしてたのに、あるときパタっと静かになる。そして、また大きないびきをかく。

これは典型的な睡眠時無呼吸症候群で静かになったときに呼吸が止まっているケースです。長いときだと1分以上呼吸がとまることもあるそうです。

睡眠中に呼吸が止まると当然睡眠の質が下がります。そのため寝てはいるのだけど、眠気がとれない。起きたらとても疲れているといった現象がおこるのです。

これには何らかの理由で気道の一部が狭くなっているために呼吸が困難になるケースと筋肉をうごかく中枢神経の働きに問題が生じて呼吸が止まるケースの2種類が大きくあります。

不眠症とはなにか?

不眠症とはその名の通り「眠れない期間」が続くことです。

f157251c72cafb1542af36151665e17b_s

もう少し詳細に解説すると眠れない「期間」とは概ね1週間以上続く状態です。数日寝つきが悪いなとか、昨日はよく寝れなかったというのは一過性のもので基本的には不眠症の分類の中には入りません。

また「眠れない」とはまったく眠れないということを意味するのではなく主に眠りが浅く昼間の活動に支障をきたす場合を指します。

睡眠時間は長いんだけど、眠りが浅くお昼に強烈な眠気に襲われるなどという状況は不眠症の分類に含まれます。

また夜中断続的に目が覚めて深い眠りが得られないというのも不眠症の一つでしょう。

とにかく不眠症で困ることは昼間の活動する時間帯に眠気・集中力の低下などに襲われることです。

多くの不眠症はストレスなどの心理的プレッシャーから引き起こされるケースがおおく、不眠症は鬱の症状と並行しておこる場合があります。

熟睡できなくなると人間の体はさらにストレスを感じやすくなり、負のスパイラルに陥ります。また体の機能低下を引き起こし、高血圧や内臓疾患などを引き起こす要因になります。

だからこそ不眠症はなるべく早期のうちに対策をしていく必要があるのです。